Manhattan Closet Diary90% of me is you

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
南。 13:16
 




前作も最高だったQUANTIC。



続いての新作。


やっと出ましたアナログLP。

しかも初回はCDと7inchがついてきます。

流石です。



サウンドシステム meets 南米 (BY  野田 努 氏 )。



間違いないです。

今年のベストアルバムは決定かもしれません。



CDもいいですが、こういう音はレコードで味わいたいです。


 
DOMMUNEのレビューを是非。







そして…




SunlightSquare Latin Combo の2枚目のシングルカット。


言わずもがな「PASTIME PARADISE」の秀逸カバー。





前作の「I Believe In Miracles 」のカバーも良かったし、CDで出てるアルバムはアナログ出ないのでしょうか?








そして、この辺りを混ぜながら、HIP HOPを絡めたラテンフレーバーたっぷりな…





DJ 大自然 氏のMIX CD。


カッコヨス。







ちなみに、全てMANHATTAN RECORDSで取り扱い中でございます。










あ〜〜、早く海と甲子園行きたい。















MANHATTAN CLOSET





























| MUSIC!! | comments(0) | trackbacks(0) | posted by m-closetm -
迎。 19:47
 

すぐそこまで来ている「夏」を迎えるにあたってのBGM。





このお方のMIXはホント気持ち良いのです。


DJ YOGURT 「DRIVIN' TO SEASIDE」。


本作「DRIVIN' TO SEASIDE」はその名の通り、海に向かって、また海辺をドライブする時のBGMにぴったりな内容で、ソカ、レゲエ、ラヴァーズ、ソウル、R& B や、レイドバック感漂うオーガニック・サウンド、夕焼けロックなどをちりばめた、(ココナッツの香りが少し混ざった)海のにおいがプンプン、思わず口元も緩む、甘い、甘いミックスとなっております。

しかしながら、ただ甘いだけでは無いのがこのミックス。海へと向かう中、長いトンネルをくぐるかのようなビートダウン・テクノ、スローなイーヴン・キックのパートを挟み、いやらしいほど焦らされながらも、海への気持ちがズンズン高まる展開で、 DJとしての構成力を見事に発揮。何度でもプレイバックしてしまいそうな心地よいグルーヴを作り上げています。






そして、お隣で買った、こちら。

久しぶりに新譜のHIP HOPを買ったような気がします。


Cypress Hillが見事に復活。




老若男女が楽しめる、こんな海でのパーティーに行きたいことこの上なしでござる。






忘れちゃいけない、老若男女が楽しめるのは「甲子園のアルプススタンド」も同じです。
















manhattan closet
http://twitter.com/Manhattancloset



































| MUSIC!! | comments(0) | trackbacks(0) | posted by m-closetm -
待。 19:22
 

梅雨入りの本日。



ポジティブに考えれば、もうすぐ「夏」ということ。



夏に向け、良い音を調達しなければ。



最近は。





ようやく、購入。

最近は1曲1曲をきちんと聞くことが無かったので、NON MIX が凄く新鮮です。

そして、抜群の空気感が気持ちよいのです。

流石としか言えませぬ。






KASHIさんのコチラも最高に気持ち良しです。

ラテンをキーワードにしたSOUL、RAREGROOVE、JAZZ達の縦横無尽なMIXセンスに脱帽でございます。





夏が待ち遠しいです。

正確に言えば高校野球が待ち遠しいのです。






そういえば夏になるとこの曲を聴きたくなります。



最近、まさかの再発されたようで。

買い逃しました。






もちろん、元ネタもGOODでございます。







ベタですがやっぱりこれもテンション揚がります。










しかし、夏が来る前にお腹が出てきて履けなくなった水着を買い換えなければなりません…。


お酒はホドホドに。




素敵なセンスのPV。流石!
















MANHATTAN CLOSET






















| MUSIC!! | comments(0) | trackbacks(0) | posted by m-closetm -
極。 13:45
 

「太っ腹」という言葉は彼の為にあるのでしょう。


これは事件です。




DJの中のDJ、 「DJ SPINBAD」 の過去の音源がFREEでダウンロードできてしまいます。


DJ SPINBAD NEW SITE!!



よっ!社長!太っ腹!!










人に借りたお金はすぐ忘れるくせに、貸したお金は嘘みたいな記憶力が働く私とは大違いです。





きっと円周率も貸したお金だと思い込んで暗記すれば、私はギネスに載れるかもしれません。




















MANHATTAN CLOSET








































| MUSIC!! | comments(0) | trackbacks(0) | posted by m-closetm -
緩。 16:49
 

GWにかこつけて、ご無沙汰です。


お給料も入ったので、私の最近の耳はこんな感じで。








7 years journey of Dancaholic mixed by Chida

DANCE MIX とCHILL OUT MIXの2CD。

CHIDA氏はホントMIXが上手いです…。





The Sounds of VTech / DJ Nuts - Arthur Verocai Mix   



ブラジルの奇才 アルトゥール・ヴェロカイ音源のMIX。

コテコテ過ぎない、ちょうどいいブラジル具合です。










72年作のサルサ名盤。再発盤を購入。

彼の詳細はコチラで。

イカツいジャケットに反して、最高に陽気なサルサ多数の内容。








Makoto's DJ Sets by Makoto-Humanelements


友達に教えてもらったコチラ。

個人的にドラムンのイメージが強かったMAKOTO氏ですが、流石、何回でも聴けます。

掴みのJamiroquaiからのJAZZMATAZZでもってかれました。












そして、十数年ぶりに日本語ラップをアナログで購入。

ポチョ氏のラップもいいですが、12インチオンリーのインストがGOOOOD!!

聴きすぎて、カラオケで歌えます…。











というわけで、舘ひろしが禁煙に成功したそうです。

「ちょっと悪い風=モテる=タバコを吸う」的な中学生ヤンキーな発想は捨て、私も頑張ります。



















MANHATTAN CLOSET


























| MUSIC!! | comments(0) | trackbacks(0) | posted by m-closetm -
充。 00:28
 
ゴールデンウィーク、皆様いかがお過ごしでしょうか?


なにかと慌ただしいGW。


仕事もですが、久しぶりにちゃんと外出して音楽を聞きにいってきました。




まず、DAM FUNK&PEANUTS BUTTER WOLF。




PBWのゴリゴリHIP HOP SETからのINNER CITYに興奮。






どツボにはまりました。








そして、PETE ROCK & PREMIER。

仕事ながらも楽しみました。



多くを語るのはMANHATTAN RECORDS BLOG にお任せして(単に画像がございません。。。)、唯一、薄汚い私の携帯で思わず撮った一枚。





落書きだらけの楽屋の一番目立つ所に。。。




さすがにホロッときました。













というわけで、まだまだGWは続きます。


皆様、良い連休を。


明日は、PETE ROCK & PREMIER が MANHATTANにてサイン会。


渋谷にお越しの際は、是非、宇田川町に足をお運びください。












MANHATTAN CLOSET


























| MUSIC!! | comments(0) | trackbacks(0) | posted by m-closetm -
蛇。 22:38

 

女はタバコに火を着ける男の姿を眺めていた。





彼とここに来るのは何度目だろう。











2人が勤めている会社がある駅から3駅ほど離れた、人目に付かないこのホテルに来るようになってからもう数年が経とうとしている。




最初の頃は、先生の目を盗んで授業を抜け出し、仲の良い友達数人で街に繰り出して遊んでいた学生の頃の様な、ちょっとした逃避行気分だった。










隣の部署で働いていた男が食堂で声をかけてきたあの日の事を女は思い出していた。







周りの女性の同僚からはちょっとした「イケメン」で通っていた彼だったので、もちろん女は悪い気はしなかった。



その数日後、2人で食事に行き、なんとなくこのホテルに来たのが最初だった。








それからというもの、仕事終わりに2人で何度もここを訪れた。



2人で会う間隔は日に日に短くなり、仕事の休み時間でさえ来たこともあった。












電話はしない。メールもしない。






これが2人の「約束」だった。






男からそう言われたのだが、社内同士ということで、女はそれも仕方ないと納得していたし、暇つぶし気分でもあったのでそれを守る事は苦ではなかった。







しかし、男の理由はそれだけではなかった。



女が男に妻子がいる事を偶然、取引先の人間から耳にしたのは、最初にここへ来た時から1年半が経とうとしている頃だった。










思えば、別に学生時代も男に困る事はなかったし、社会に出てからも恋愛に不自由した事も無かったが、ふと気づくと心底相手を愛していなかったこと、そして、自分から誰かを好きになったことが無い自分がいた。

たとえ別れ話を切り出されても、涙を流した事なんて今まで一度も無かった。










しかし、男の真実を知ってから自分の中で何かが変わった。


というよりも、男の真実が女に自分の変化を気づかせたのだ。













その日、女は泣いた。


夜が明けるまで泣き続けた。













女は自分がその男を愛していることを確信した。

今まで自分を通り過ぎた男の誰よりも。

そして、それは女が初めて自分から好きになった男だった。












次の日、2人で食事をしながら女は男にその旨を伝えた。





「ありがとう」






笑顔で話す男の答えはその一言だった。








それ以上に女は男を問い詰めなかった。


いや、問い詰める事ができなかった。









彼を失うのが怖い。









それならば、世間の目を欺きながらでも、女は男と少しでも長く一緒に過ごせる事のほうが幸せだった。








しかしその後、男の変化に女が気づくのも時間の問題だったのだ。




毎日のように会っていた時間が、週に1度になり、さらには月に1度ぐらいになっていった。





それでも、女は例の「約束」を守っていた。





もちろん職場で顔を合わすことはあるものの、何気ない会話や次の予定を話す事もない。


いつしか、女にとってこの「約束」を守る事自体が男と繋がっていると思える唯一の手がかりになっていた。

















そして、今日、こうして会うのは2ヶ月ぶりだった。






男は吸い終わったタバコをもみ消し、女のほうに視線を向けた。





女はその男の眼差しが出会った頃のあの頃と同じではなく、例えるなら、どこか遠いところを見ているように感じた。





それは自分ではなく、家族なのかもしれないと女は考えていた。





そんな風に感じるのは今に始まった事ではない。


そう、想いを告げたその日から変わっていたことを女は知っていた。











ふと、男は女を後ろから抱き寄せた。



しかし女はその温もりに嬉しさではなく悲しみを感じたのだった。












女はゆっくりと目を閉じながら、男にこう言った。























「ねえ、エチオピアンジャズファンクでも聴かない?」

















背中で感じる男の体が少し揺れた。





男は無言のままだった。












「そっか。エチオピアンジャズファンクは聴かないのね。」





女はフッと笑いながら立ち上がり、素早く洋服をまとい無言のまま部屋を後にした。











ホテルを出て、女は父から買ってもらったエルメスのバックから I pod を出し beats のDR.DRE モデルのイヤホンを耳にした後、背筋をピンと伸ばし歩き出した。





女の表情には曇りは無く、その眼差しは、さっき男の見せたそれではなく真っ直ぐと前を向いていた。






beatsから流れてくる重厚な音楽はもちろん…。





























というわけで、こんなもしもの場合でも大丈夫。



QUANTIC の エチオピアが誇るマルチ楽器奏者MULATU ASTATKE楽曲のMIX。 

QUANTIC は前回もそうでしたが「こんなんもありでしょ?」という音楽を私にちょうど良いタイミングで教えてくれます。




嫌いじゃないです。







コチラから聴けますので。





























manhattan closet















































































| MUSIC!! | comments(2) | trackbacks(0) | posted by m-closetm -
天。 14:02




改めて、ゆっくり聞いてみることにします。




Malcolm Mclaren Tribute Mix by Dj Premier Blog Radio on Mixcloud












MANHATTAN CLOSET















| MUSIC!! | comments(0) | trackbacks(0) | posted by m-closetm -
上。 10:49
 






巷を賑わせた、JAY-Z と RADIO HEADのMASH UPも手がけたUKのビートメイカー「MAX TANNONE」。


今回は、MOS DEFのREGGAE&DUB MASH UP。


はまってます!!


良いです。












夏が待ち遠しいです。






















MANHATTAN CLOSET





























| MUSIC!! | comments(0) | trackbacks(0) | posted by m-closetm -
光。 16:11
 

久しぶりに、良いMIX CDに出会いました。





HIKARU  『Sunset Milestone』



今年沖縄に移住したHikaru氏(Blast Head)。

沖縄にある海辺のお気に入りの場所「Milestone」にて夕暮れ時に一発録りを敢行した本作は、ブラジリアンなブレイクビーツ、さらに80's音源、そしてMarvin Gaye等の70'sソウルまでをグッド・ヴァイブなフィーリングの中でさらりとひとつにまとめ上げた、最高に心地よくてメロウな極上の「ザ・ゆるいミックス」に。





これはホントにいいっす!

夏の海からの帰り道。

甲子園からの帰り道。

そんなシチュエーションにバッチリ。

一生モノでございます。








そしてこれも。



渋い!


同じ曲でも、かけるタイミング、空気感って大事です。





| MUSIC!! | comments(0) | trackbacks(0) | posted by m-closetm -
| 1/5 | >>